3日坊主の私にできたズボラお小遣い帳!

節約をするためには、まずは自分のお金をどのように使ったのか知ることが大切です。でも、お小遣い帳なんて3日つけたらもうやめちゃう。。毎日なんて絶対むり!と思う人も多いでしょう。。かくいう私もそうでした!しかし、このズボラお小遣い帳にすることで、いつも3日坊主の私が2年も続いているのです!そんなズボラお小遣い帳の付け方をお教えします!
-用意するもの-
・お小遣い帳(百均でOK)
または、普段使っている手帳(後ろにフリースペースがあるもの)
・携帯電話
これだけです!
そして、レシートは必ずもらって下さい!
お小遣い帳は毎日書こうとするから、めんどくさくなってしまうんです。毎日書くのをやめたら、そこまでプレッシャーもかからず続けられるんです!ズボラお小遣い帳の場合は、レシートはとにかくお財布にためます。そしてもうパンパンで嫌だ!となった時に一気にお小遣い帳に書きます。その時に、1項目ずつ、パン108円、おにぎり108円、飲み物150円と書いていたら嫌になってしまいます。どんなに長いレシートでも、その時の合計金額のところだけを書いてみてください。例えば、ファミリーマート780円、○×文房具屋560円、のようにです。そして、日付は書いても書かなくてもOK!何月にどこに行ってだいたい何を買ったのかがわかれば、その月の無駄遣いをみるのに十分です。そもそも、細かい日付やものなんてズボラな人は、みませんからね(笑)
では、レシートがない場合はどうするのか?レシートが貰えなかったら買い物をした時に携帯電話のメモ機能に書いて下さい。これも、大雑把で大丈夫です。9月とメモに書いて、その下に、打ち上げ1.2次会5000円とでも、書いておけば充分です。そしてこれをお小遣い帳に書く時に一気に書きます。ページの最後に支出の合計と、アルバイト代などの収入の合計を書けば完成です!
今月はいくらつかったら、先月はいくらつかった、というところが比べられ、飲み会が多すぎたななどと、振り返ることができます。振り返るためにも、お小遣い帳には文房具などとまとめるのではなく、お店の名前を書くと、思い出しやすいと思いますよ!!お小遣い帳と手帳と2冊もあるのが嫌だ!という人は手帳の裏に自分で表を作ってみてください♪私はそうしてます!
ぜひ、このズボラお小遣い帳の書き方試して見てくださいね!月に3回くらい書く日を設けるのがオススメです!
プロミス 京都